インゲンマメ(隠元豆)の仕入れなら|バイヤーズ・ガイド

暦と旬で見る食カレンダー

インゲンマメ(隠元豆)

肉厚でみずみずしく、種子の部分が盛り上がっていないものを選ぼう

江戸時代に日本に最初に渡来したと伝えられ、中国の僧侶「隠元(いんげん)隆琦」が長崎に来た際に持ち込んだのがはじめだといわれています。ちなみに「サヤインゲン」はインゲンマメをさやごと若採りしたもので、塩茹でして和え物やおひたしにしたり、バター炒めにして食します。成熟した種子は、乾燥させて煮豆や甘納豆、菓子用の餡などに用いられたり、フランス料理・イタリア料理では煮込み料理に好んで使用されています。サヤインゲンであれば肉厚でみずみずしく、種子の部分が盛り上がっていない太さ均一で、全体的に細いものがよいでしょう。

インゲンのサラダ
インゲン玉ねぎミニトマトドレッシング胡椒
インゲンのゴマ和え
インゲンすりゴマ薄口醤油砂糖
インゲンとにんじんの豚肉巻き
豚肉(薄切り)インゲンにんじん小麦粉胡椒サラダ油砂糖醤油みりん
インゲンと春雨の炒め煮
インゲン緑豆春雨豚ひき肉にんにく生姜中華スープオイスターソースコチュジャン醤油ごま油
インゲンとじゃがいもの中華風炒め
インゲンじゃがいもオイスターソース胡椒サラダ油
2018年07月20日(金)

180日後

2019年1月16日(水)

2019年01月
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
ページトップ