とうがらし(唐辛子)の仕入れなら|バイヤーズ・ガイド

暦と旬で見る食カレンダー

とうがらし(唐辛子)

タミンAとビタミンCが豊富で夏バテ防止に高い効果

とうがらしを漢字で表記すると「唐辛子」で表しますが、この「唐」は漠然と「外国」を指しているようです。もともとは中南米が原産地で、メキシコでの歴史は紀元前6000年にまで遡りますが、世界各国へ広がるのは15世紀になってから。主に果実の部分を、料理に辛みをつけるための香辛料または野菜として食用にしています。一般的に、緑色のものは青唐辛子、熟した赤いものは赤唐辛子と呼ばれています。ビタミンAとビタミンCが豊富で夏バテ防止に効果が高く、また殺菌作用があり食中毒も防ぐことから、特に暑い地域で多く利用されています。

とうがらしを利用した調味料
七味唐辛子一味唐辛子唐辛子味噌柚子胡椒コチュジャン豆板醤辣椒醤ラー油チリパウダーチリソース
2019年02月19日(火)

180日後

2019年8月18日(日)

2019年08月
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページトップ