さといも(里芋)の仕入れなら|バイヤーズ・ガイド

暦と旬で見る食カレンダー

さといも(里芋)

ふっくらと丸みがあって変色や傷がなく、泥付きのものを選ぼう

熱帯アジアの主食になっている様々なタロイモ類のうち、最も北で栽培されているのが「さといも」。日本には縄文時代に伝わったとされ、山地に自生していた「やまいも」に対し、里で栽培されることから「さといも」と呼ばれたようです。晩夏から秋にかけて収穫され、煮物を中心に揚げ物、汁物、コロッケ等に利用されます。郷土料理として、山形の「芋煮」、福島の「こづゆ」、新潟の「のっぺ汁」等で広く用いられています。ちなみに良いさといもは、ふっくらと丸みがあって変色や傷がなく、泥付きのものを選びましょう。皮は乾いているものよりも湿り気があるほうが新鮮です。

さといもといかの煮物
さといもいかだしの素醤油みりん砂糖
さといもと大根の煮物
さといも大根ニンジン椎茸昆布醤油みりん
筑前煮
さといも鶏もも肉ニンジン椎茸ごぼうだしの素砂糖醤油みりん
さといもコロッケ
さといも挽肉玉ねぎ小麦粉パン粉たまご胡椒
芋煮
さといも牛肉こんにゃく長ねぎ醤油みりんめんつゆ
2018年12月13日(木)

180日後

2019年6月11日(火)

2019年06月
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
ページトップ