ほうれん草の仕入れなら|バイヤーズ・ガイド

暦と旬で見る食カレンダー

ほうれん草

葉が濃い緑色をして肉厚で張りのあるもの。株が小さくて茎が短めのものを選ぼう

ほうれん草は緑黄色野菜の代表で栄養価が高く、カロチンやビタミンC、鉄分を多く含んでいます。年間を通して手に入りますが、栄養価が高まり、おいしさも増す旬の季節は冬。霜にあたって甘みが増すと言われています。ほうれん草の起源は中央アジアから西アジアとされ、そこから東西に分かれて広まりました。中国方面に伝わったものは「東洋種」で、葉の切れ込みが深くやわらかくて甘味があります。一方、ヨーロッパへ渡ったものは「西洋種」となり、葉が丸くて厚みがあり病害虫に強いのが特徴です。現在一般的に出回っているのは、両方の長所をあわせもった「交配種」です。主におひたしや和え物、炒め物、オーブン料理などで広く利用されています。ちなみに良いほうれん草は、葉が濃い緑色をして肉厚で張りのあるもの。そして、株が小さくて茎が短めのものを選びましょう。なお、根の部分の赤みが鮮やかで濃いものは、各種の栄養素が豊富に含まれていると言われてます。

ほうれん草のおひたし
ほうれん草醤油白だしかつおぶし
ほうれん草のナムル
ほうれん草ごま油鶏ガラスープの素いりごま
ほうれん草のごま和え
ほうれん草すりごま砂糖みりん醤油だしの素
ほうれん草とべーコンのキッシュ
ほうれん草ベーコンたまご牛乳マヨネーズピザ用チーズ薄力粉オリーブオイル胡椒
ほうれん草ときのこのクリームパスタ
ほうれん草パスタしめじベーコン牛乳生クリーム胡椒
2018年06月21日(木)

180日後

2018年12月18日(火)

2018年12月
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
ページトップ