わらび(蕨)の仕入れなら|バイヤーズ・ガイド

暦と旬で見る食カレンダー

わらび(蕨)

大変あくが強いので食べるためにはあく抜きが必要です

草原、谷地、原野などの日当たりのよいところに群生しているシダの仲間の一種で、茎は地下を横に這って伸び、葉は冬に枯れます。春から初夏にまだ葉の開いてない若芽が出ますが、この若芽を山菜として食用にします。また、わらびの根にはデンプンが多く含まれ、このデンプンからわらび餅のもととなるわらび粉が作られます。万葉の時代から親しまれてきた山菜ですが、大変あくが強いので食べるためにはあく抜きが必要です。あくを抜いた後は、おひたしや和え物、汁の実、酢の物、煮物、揚げ物などに幅広く利用されています。

わらびナムル
わらび醤油ねぎにんにくごまごま油
山菜の煮物
わらびぜんまいこんにゃく油揚げだしの素砂糖みりん醤油
わらびと油揚げの煮物
わらび油揚げだしの素砂糖醤油
わらびのピリ辛炒め
わらび鷹の爪ごま油砂糖醤油みりん
わらびの炊き込みご飯
わらびたけのこにんじん油揚げ鶏肉醤油みりんだしの素
2017年09月24日(日)

180日後

2018年3月23日(金)

2018年03月
25 26 27 28 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページトップ