寒うど(寒独活)の仕入れなら|バイヤーズ・ガイド

暦と旬で見る食カレンダー

寒うど(寒独活)

茎が太く短めで、全体に白い産毛が密なものを選ぼう

うど(独活)は、ウコギ科タラノキ属の多年草で、同じウコギ科タラノキ属のタラの木(タラの芽をつける木)とは違い、木にならない草です。食用とするのは土から顔を出したばかりの新芽の部分や、ある程度育った茎や若芽の部分で、独特の香りと苦味を持っ山菜です。晩秋から冬にかけて出荷されるものを「寒うど」と呼び、春に出荷されるものを「春うど」と呼びます。栽培技術により市場では栽培物が出回りますが、春うどの旬の時期(3月から5月)は天然の「山うど」が出回ります。主に煮浸しや酢味噌和え、キンピラ、天ぷらにして食します。ちなみに良いうどは茎が太く短めで、全体に白い産毛が密なものを選びましょう。

うどのサラダ
うどイタリアンドレッシング胡椒
うどの酢味噌和え
うど味噌砂糖
うどの煮浸し
うどたまごだしの素みりん醤油
うどのキンピラ
うど人参鷹の爪醤油砂糖顆粒だしサラダ油
うどと豚バラ肉の味噌炒め
うど豚バラ肉にんにく味噌みりんサラダ油
2018年04月20日(金)

180日後

2018年10月17日(水)

2018年10月
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
ページトップ