うるいの仕入れなら|バイヤーズ・ガイド

暦と旬で見る食カレンダー

うるい

茎色が白くてふっくらしたもの、葉先まで澄んだ緑色をしているものを選ぼう

うるいは、正式には「オオバギボウシ」という多年草の早春に芽吹く若葉になります。丸まって立つように生え、葉の色がうり類の皮に似ていることから、「瓜菜(うりな)が転化したと言われています。北海道、本州北部・中部の山地や丘陵・草原など湿りけのあるところに自生し、古くから山菜として食用にされてきました。最今では促成栽培が進み一般のスーパーなどでも見かけるようになりましたが、促成栽培されたうるいは籾殻などで苗を深く被せ軟白栽培されているので、軸の白い部分が長くひょろっとした姿をしています。味、香りともに癖がなく、しゃきしゃきっとした食感が楽しめるため、和え物やおひたし、揚げ物、炒め物など様々な料理に使えます。なお、良いうるいは茎色が白くてふっくらしたもの、葉先まで澄んだ緑色をしているものを選びましょう。

うるいの酢みそ和え
うるい味噌砂糖みりん
うるいのおひたし
うるいかつおぶし
山菜の天ぷら
うるいたらの芽うどふきのとうこごみこしあぶら天ぷら粉サラダ油ごま油
うるいとジャコの炒め物
うるい油揚げじゃこサラダ油
うるいのパスタ
うるいベーコンにんにくパスタオリーブオイル
2018年12月12日(水)

180日後

2019年6月10日(月)

2019年06月
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
ページトップ