まつたけ(松茸)の仕入れなら|バイヤーズ・ガイド

暦と旬で見る食カレンダー

まつたけ(松茸)

香りとうまみのバランスが良いのは、傘の裏側の膜切れがない「つぼみ」の状態

きのこ類の中で「秋の味覚の王様」といわれる松茸。その歴史は古く、万葉集には「高松の この峰も狭(せ)に笠立てて 満ち盛りたる 秋の香のよさ」と松茸のことを詠んだ歌が残されているほど。赤松などの根元に生えるのですが、人工栽培ができず生育条件も厳しいため数が限られ、価格は高くなり、特に国内産のものは貴重です。その香りを楽しむため、主に吸い物、土瓶蒸し、炭火焼き、天ぷら、そして松茸ご飯に用いられます。なお、良いまつたけの選び方ですが、香りとうまみのバランスが優れているのは、傘の裏側の膜切れがない「つぼみ」の状態で高級品とされています。傘がまだ開いていない状態の「コロ」は長さ6cm以下の未成熟なもので、やわらかくて食感はよいのですが香りがやや少なめです。

まつたけのお吸い物
まつたけ豆腐だしの素薄口醤油三つ葉
まつたけの土瓶蒸し
まつたけえび白身魚鶏もも肉ぎんなんだしの素薄口醤油三つ葉
まつたけのホイル焼き
まつたけバター醤油すだち
まつたけの天ぷら
まつたけ天ぷら粉すだちサラダ油
まつたけご飯
まつたけ生姜砂糖醤油かつおだし
2019年02月22日(金)

180日後

2019年8月21日(水)

2019年08月
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページトップ