いちご(苺)の仕入れなら|バイヤーズ・ガイド

暦と旬で見る食カレンダー

いちご(苺)

ヘタの近くまで色づき、表面が艶っぽく産毛があるものを選ぼう

いちごといえば、日本で最も人気のあるフルーツのひとつ。野生のものは石器時代から各国で食べられていましたが、栽培が始まったのは1700年代ごろです。日本へは明治時代にフランスの品種が導入され、本格的な栽培が始まりました。現在は栃木や福岡、熊本などで多く栽培されています。
いちごは年中店舗に並んでいますが、いちばん美味しく安く食べられるのは旬の3月~4月ごろ。購入の際は、ヘタの近くまで色づいて、表面が艶っぽく産毛があるものを選びましょう。さらに、ヘタが鮮やかな緑でしなびていないものが新鮮です。
ビタミンCが豊富ないちごは風邪や高血圧、がんの予防になると言われています。さらに、キシリトールを多く含んでいるため虫歯予防の効果も。食べる際には、ヘタを取らずに水洗いしましょう。ヘタを取ってから洗うと水っぽくなり、ビタミンCが水に溶けだしてしまいます。

ストロベリーチーズケーキ
いちごクリームチーズヨーグルト砂糖生クリームクラッカーバター
いちごのアイスキャンディ
いちご牛乳砂糖
いちごパンナコッタ
いちご生クリーム牛乳砂糖ゼラチンバニラエッセンス
いちご大福
いちご白玉粉砂糖あんこ片栗粉
いちごスコーン
いちご薄力粉砂糖ベーキングパウダーバター牛乳
2018年11月14日(水)

180日後

2019年5月13日(月)

2019年05月
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
ページトップ