なし(梨)の仕入れなら|バイヤーズ・ガイド

暦と旬で見る食カレンダー

なし(梨)

甘みの見極めは、果皮の色の変化! 便秘予防にも最適

なんと弥生時代には食べられており、日本書紀にも栽培の記述が残っているという梨。シャリシャリとした食感は、ペントザンやリグニンという成分からできた石細胞によるもので、古くから日本の人々に愛されてきました。幸水や豊水などの「赤梨」と、二十世紀のような果皮が緑色の「青梨」の二種類がありますが、赤梨はざらざらとした果皮が特徴的。これは水分を閉じ込めておくために、コルクのような役割をしているといわれています。その瑞々しい果実には、水分と食物繊維が豊富に含まれているため、便秘予防に最適。東洋医学では、絞り汁を咳止めに使うこともあるそう。皮にしっかりと張りがあり、ふっくらと丸みがあるものを選ぶとよいでしょう。幸水などの赤梨は適度な赤みをおび、二十世紀などの青梨は少し黄色くなると甘みが出た証拠なので食べ頃です。千葉県、茨城県、鳥取県などが主な産地となっており、7月〜10月頃に旬を迎えます。

梨のタルトタタン
バター砂糖牛乳小麦粉
梨と水菜のサラダ
水菜油揚げ砂糖しょうゆすりごま柚子こしょうごま油
梨のコンフィチュール
きび砂糖白ワインレモン汁
梨の豚肉巻き
豚肉こしょう片栗粉オリーブオイル
梨のフムージー
アボカド小松菜豆乳
2018年10月23日(火)

180日後

2019年4月21日(日)

2019年04月
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4
ページトップ