あけび(木通・通草)の仕入れなら|バイヤーズ・ガイド

暦と旬で見る食カレンダー

あけび(木通・通草)

流通量が少ないので見つけたらラッキー 果皮が割れたら完熟、秋の味覚を楽しんで

一瞬「えっ、コレ食べられるの?」と思ってしまうような、鮮やかな紫色の果実、あけび。熟すと痂皮が自然と割れ、中の乳白色のゼリー状の果実に覆われた小さな黒い種があらわれます。果肉はそのまま口に含め、残った種だけ出すようにして。ほんのりした甘みを感じるはずです。果皮は天ぷらや炒め物、肉詰めなどお料理にも使うとよいでしょう。江戸時代には種から油を採取していたようですが、栽培されるようになったのは最近で、市場に出荷されているもののほとんどが山形県産です。果肉はビタミンCが豊富で、イチゴに匹敵するほど。葉酸も含まれているので、貧血予防や美容にも最適。果皮には高血圧を予防するカリウムも豊富です。購入後は、乾燥しないようポリ袋に入れて冷蔵庫で保存し、3〜5日以内には食べるのがベスト。完熟したものは日持ちしないので、なるべく早めに食べましょう。

あけびの肉味噌詰め
あけびきのこ鶏ひき肉味噌砂糖
あけびの天ぷら
あけび小麦粉
あけびのきんぴら
あけび醤油砂糖ごま
あけびの味噌炒め
あけび味噌みりん
あけびのマリネ
あけびピーマンにんじんオリーブオイルレモン汁アンチョビペースト
2018年04月20日(金)

180日後

2018年10月17日(水)

2018年10月
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
ページトップ