鏡開きの仕入れなら|バイヤーズ・ガイド

暦と旬で見る食カレンダー

鏡開き

正月にお供えしていた鏡餅をお汁粉や雑煮にしていただきます。

鏡開きの日には、今年1年の一家円満を願いながら、正月にお供えしていた鏡餅をお下がりとしていただきます。この鏡開きの日には、飾っておいて硬くなった鏡餅を木槌などで叩き「開き」ます。鏡餅には年神様が宿っているので、神様と縁を切らないように「割る」や「砕く」ではなく、「開く」という縁起のよい表現を使います。主にお汁粉や雑煮にしていただきますが、安倍川餅や揚げ餅にしても美味しいです。

お汁粉
小豆砂糖
お雑煮(すまし汁)
もちだしの素醤油砂糖みりん大根にんじんごぼう鶏肉
お雑煮(白味噌仕立て)
もち白味噌だしの素大根にんじん里芋ほうれん草
安倍川餅
もちきな粉 砂糖こしあん
揚げ餅
もちサラダ油醤油
2018年07月17日(火)

180日後

2019年1月13日(日)

2019年01月
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
ページトップ