サヨリ(細魚・針魚・鱵)の仕入れなら|バイヤーズ・ガイド

暦と旬で見る食カレンダー

サヨリ(細魚・針魚・鱵)

繊細で上品な海の貴婦人 ヘルシーで栄養価も高く、銀皮まで旨味がたっぷり

寿司や天ぷらの高級食材として人気があり、その長い身を結んで昆布だしでいただくお吸い物はお祝いの席でも使われるほど、見た目も味も上品で繊細な魚。“海の貴婦人”と称されるほどです。三陸や房州産のものが特によいとされていますが、鮮度が落ちるのが早いので、近場産を選ぶとよいでしょう。魚類には珍しくビタミンCを含んでおり、高たんぱくで低脂肪、低カロリー。健康効果も期待できるヘルシーな魚です。美しい銀皮には独特の風味と旨味があるので、ささっと炙って食べると、なんともいえない味わい。お刺身でも昆布締めや酢締めにして、皮まで楽しみたいところです。見た目の繊細さとは裏腹に、お腹を開くと黒いことから「ハラグロ」といわれることも。腹黒い人のことを「サヨリのような奴だ」という例えもあります。旬は12月~5月と長めですが、もっともおいしいのは3月~5月の春。大ぶりのものは「カンヌキ」を呼ばれて珍重されます。

サヨリの糸造り
サヨリ大葉醤油
サヨリの一夜干し
サヨリ
サヨリのお吸い物
サヨリ片栗粉出し汁薄口醤油三つ葉
サヨリの天ぷら
サヨリ小麦粉揚げ油
サヨリの昆布締め
サヨリ昆布醤油わさび木の芽
2017年09月24日(日)

180日後

2018年3月23日(金)

2018年03月
25 26 27 28 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページトップ