ハタハタ(鰰)の仕入れなら|バイヤーズ・ガイド

暦と旬で見る食カレンダー

ハタハタ(鰰)

秋田の郷土料理には欠かせない! 下ごしらえいらずで手軽に楽しめる

秋田県の県魚に指定されているほど、秋の郷土料理に欠かせない魚。しょっつるという魚醤にも使われています。雷のなる悪天候のときに大量に獲れることから、「カミナリウオ」とも呼ばれることも。晩秋から冬にかけて産卵にくるハタハタには大きな卵巣が入っていますが、これを秋田では「ぶりこ」と呼び、プチプチとした独特の食感が楽しめます。うろこがなく、小骨も少ないことから下ごしらえが簡単で、白身は旨味があるため、一匹丸ごとの状態で焼いたり煮たりして食べられます。東北に見られる漬物の「三五八漬け」にして発酵させて食べるのも秋田ではメジャー。輸入はほとんどしておらず、近年は入荷量も増えているため、家庭でも上手に活用したい魚です。鮮度が落ちると色が薄くなるため、選ぶときは注意しましょう。

しょっつる鍋
ハタハタ出し汁しょっつる白菜長ネギえのき豆腐
ハタハタのから揚げ
ハタハタこしょう片栗粉揚げ油レモン汁
ハタハタの煮付け
ハタハタ砂糖醤油みりん
ハタハタの田楽
ハタハタ味噌みりん砂糖
ハタハタの酢締め
ハタハタ昆布しょっつる砂糖
2018年10月22日(月)

180日後

2019年4月20日(土)

2019年04月
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4
ページトップ