ウナギ(鰻)の仕入れなら|バイヤーズ・ガイド

暦と旬で見る食カレンダー

ウナギ(鰻)

古くから日本に欠かせないスタミナ源 国産の天然ものは自然保護からも超貴重

暑い夏にウナギを食べる習慣は万葉集でも詠われるほど古いもので、日本では欠かせないスタミナ源となっています。ただ、1970年代からウナギ資源は減少を続けており、ニホンウナギは環境省レッドリスト、IUCNレッドリストに絶滅危惧種として指定されているほど。天然ものが少なくなったことから、養殖や輸入に頼ってきましたが、もともとウナギは養殖でも天然のシラスウナギ(ウナギの稚魚)を捕獲しなければならないことから、全世界的にも減少に歯止めがかかりません。世界の消費量の7割は日本といわれているだけに、無駄な消費は避けなければなりません。完全養殖の研究も進み、成功したものの、コストが高すぎることもあり、商業化はまだ先の予定です。それほどまでに貴重なので、天然ものは自然保護の意味からも忘れてはならないもの。高タンパクでビタミンAやD、B2も豊富、鉄分も含まれることから疲労回復には抜群です。蒲焼にするのが一般的で、関東では蒸してからタレをつけて焼き、関西では蒸さずに地焼きします。名古屋を中心とした中京地方では、ひつまぶしが郷土料理となっています。

ひつまぶし
ウナギ(蒲焼)みりん醤油砂糖ご飯万能ねぎごま海苔わさび出し汁
う巻き
ウナギ(蒲焼)大葉出し汁醤油砂糖大根おろしサラダ油
うざく
ウナギ(蒲焼)きゅうり醤油砂糖しょうがごま
うなたま丼
ウナギ(蒲焼)三つ葉ご飯醤油みりん
うなぎの小田巻き蒸し
ウナギ(蒲焼)ゆでうどん牛乳薄口醤油三つ葉
2018年10月19日(金)

180日後

2019年4月17日(水)

2019年04月
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4
ページトップ