アサリ(浅蜊)の仕入れなら|バイヤーズ・ガイド

暦と旬で見る食カレンダー

アサリ(浅蜊)

産地よりも大きさで値段が決まる 日本の食文化に欠かせない貝

貝塚から貝殻が出土されるように、古くから日本人が口にしてきた馴染み深い貝。国内の浅瀬、干潟で獲れますが、近年、天然のアサリの数は減少しています。ただ、アサリが餌を獲ることで水質を浄化するため、食べる以外にも重要な役割をになっています。旬は3月~5月の春。値段は産地よりも大きさで決まります。近年は中国、韓国からの輸入も増えていますが、味に大差はないようです。低カロリーながら鉄分や亜鉛などミネラルが豊富なので、貧血に悩む方にもおすすめ。調理の前は、海水濃度と同じ3%ほどの食塩水に浸し、冷暗所において砂を抜いてから使用しましょう。しっかりとした出汁がでるので、汁物や酒蒸しなど、さまざまな料理に利用できます。

アサリの酒蒸し
アサリバター醤油三つ葉
クラムチャウダー
アサリバター小麦粉牛乳玉ねぎセロリにんじんこしょう生クリーム
あさりのみそ汁
アサリ味噌万能ねぎ
深川飯
アサリごぼうにんじん油揚げ醤油
ボンゴレビアンコ
アサリパスタオリーブオイルにんにく白ワインバター醤油こしょう
2017年09月24日(日)

180日後

2018年3月23日(金)

2018年03月
25 26 27 28 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページトップ