アワビ(鮑)の仕入れなら|バイヤーズ・ガイド

暦と旬で見る食カレンダー

アワビ(鮑)

平安時代から愛されてきた高級貝 輸入や養殖ものでも高値が続く

平安時代から珍重されてきた貝で、言わずと知れた高級食材。需要に対して供給が追いつかず、輸入をしても高値が続いています。刺身のコリコリとした食感や、火を通したあとにかめばかむほどにじみ出る旨味は、たしかに他の食材ではなかなか味わえません。日本で食べられるのは、クロアワビ、蝦夷アワビ、メガイアワビ、マダカアワビなど。なかでもクロアワビは漁獲量も多く、生で食べるととくにおいしいですが、獲れなくなってきていることから、蝦夷アワビが各地で養殖されるようになりました。ちなみに、回転寿司のアワビはアワビモドキというもので、ロコガイとも呼ばれるまったく別のものです。中華料理では茹でたあとに干す「乾鮑(ガンパオ)」が使われますが、大きいサイズのものは超高級食材として取引きされます。日本では、青森県や岩手県でこの干しアワビが生産されています。

蒸しアワビ
アワビ大根わさび
アワビのソテー
アワビバター
アワビのオイスターソース煮込み
アワビオイスターソースチキンスープ醤油紹興酒砂糖こしょう長ネギしょうが片栗粉
アワビ粥
アワビご飯昆布ごま油三つ葉しょうが
2018年02月21日(水)

180日後

2018年8月20日(月)

2018年08月
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
ページトップ