寒シジミ(寒蜆)の仕入れなら|バイヤーズ・ガイド

暦と旬で見る食カレンダー

寒シジミ(寒蜆)

年末年始に飲みすぎたときは 冬に旬を迎えるシジミで肝臓を労わりましょう

シジミはどの季節でもおいしく食べられることから、昔は「四時美」と書きましたが、とくに夏と冬が旬といわれています。なかでも、1月~2月の冬の時期に獲れるのが「寒シジミ」です。日本のシジミの在来種としては、ヤマトシジミ(汽水域)、マシジミ(淡水域)、セタシジミ(琵琶湖の固有種)がありますが、セタシジミという種類が冬に旬を迎えます。シジミにはカルシウムや鉄分、ビタミンAやB群、ミネラルが豊富。必須アミノ酸もバランスよく含まれています。また、肝機能の働きを助けるというオルニチンンやタウリンも多いため、二日酔いの改善にも役立つと言われています。年末年始でお酒を飲みすぎて弱った肝臓におすすすめです。砂抜きをする際は、約1%の食塩水に半日から1日ほど置いておきましょう。

シジミの味噌汁
シジミ味噌万能ネギ
シジミご飯
シジミ醤油みりんしょうが海苔
シジミの醤油漬け
シジミ醤油みりんにんにくしょうが唐辛子万能ネギ
シジミラーメン
シジミ中華麺味噌バター万能ネギキャベツ
シジミのしぐれ煮
シジミ砂糖醤油みりんしょうが山椒
2017年11月18日(土)

180日後

2018年5月17日(木)

2018年05月
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
ページトップ