春の十六団子の仕入れなら|バイヤーズ・ガイド

暦と旬で見る食カレンダー

春の十六団子

山と里を行き来する農事の神を16個の団子でおもてなし

毎年、山と里を行き来する農事の神が、山から種子を抱いて里に降りてくる日といわれています。この日、農民は16個の団子を作ってもてなします。農事の神は収穫の終わった秋「11月16日」に山へ帰って“山の神”となり、翌年の春3月16日に里に降りてきて“田の神”になると信じられていました。

十六団子
上新粉砂糖
2018年06月19日(火)

180日後

2018年12月16日(日)

2018年12月
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
ページトップ