京都 紀翔 ご利用法方・活用例|バイヤーズ・ガイド

利用方法・活用例

月商10万円の生産者が月商200万円に - 京都 紀翔

京都市内でお土産用に蕎麦菓子を販売(月間売上10万円)


京都 紀翔 代表 小林清治氏と(写真右)と宇治商工会議所 商工課 稲田将人氏(写真左)

 京都 紀翔の代表 小林清治氏は、もともと京都のホテルでシェフをしていたのですが、転勤を嫌って独立・開業。最初は、蕎麦菓子を作り京都市内でお土産用に販売を行っていました。ところが商品の売上は数える程で月商約10万円という厳しい状況にありました。

 そこで、融資目的で宇治商工会議所に入会したところ、商工課の稲田将人氏から販路開拓をすすめられ、バイヤーズ・ガイドに商品を掲載することになりました。

バイヤーズ・ガイドに、京野菜を使ったジャムを掲載

 京都 紀翔は、京野菜を使ったジャム『京の野菜ジャム』ほか全3商品を掲載。特に力を入れた京の野菜ジャムは、春はえんどう豆や筍。夏はトマト・茄子・万願寺唐辛子・南瓜・冬瓜。秋は栗・黒豆・人参・牛蒡・蕪など季節の味が提供される無添加のジャムです。


『京の野菜ジャム』は、見た目が鮮やかな万願寺唐辛子等が人気だという

 「ジャムは普通フルーツを使いますが、野菜でやってみたいと思いました。大根のジャムと聞くと気持ち悪いけれど、ジャムの使い方はパンに塗るだけじゃない。お好みで隠し味に使ったり、オードブルのソース、紅茶やアイスクリームにかけてもいいですね」(小林氏)

品川駅・成田空港や百貨店、スーパーでも販売(月間売上200万円を突破)

 バイヤーズ・ガイドに掲載した結果、京の野菜ジャムは卸の目にとまり、品川駅構内・成田空港・六本木ヒルズ・東京ミッドタウン等への導入が決まりました。 他にも、小売店やスーパーから10件以上問い合わせが寄せられ、東京や福岡の百貨店、千葉のスーパーでも取り扱われるようになりました。これに伴い、売上 も月商10万円から200万円にアップしたと言います。

 「バイヤーズ・ガイドに掲載したことで、多くのお問い合わせをいただきました。また、弊社に興味を持ってもらったお客様には、パウンドケーキや黒豆グラッセなど他の商品にも興味をいただき、商売がどんどん広がっています」(小林氏)

地域産品ならではのブランド、マーチャンダイジング

 今回の販路開拓が成功した要因として、地域産品ならではの理由が挙げられます。


「価格が高くても、京都のお土産なら東京の人は買って帰ってくれます。バイヤーズ・ガイドで関東方面に販路開拓できたのが大きいですね」(小林氏)

 “地産地消”という言葉が使われますが、“手前味噌”という言葉があるように加工品の場合、自分たちでも作れることが多く、その価値を認めない傾向にあります。特に、単価の高い物であればあるほど、売りにくいものです。

 ところが、京野菜のジャムという地域ブランドは、東京やその他地域の人にとっては非常に価値あるものです。そのため、バイヤーズ・ガイドに掲載し、東京のバイヤーの目にとまったことが、今回の成功の要因と言えるでしょう。

企業情報

京都 紀翔

京都のホテルに勤務していたシェフ・小林清治氏が独立し、創業2004年に創業。創業当初は、そば菓子をつくり土産用に販売。その後、品数を広げて京風ぜんざい、パウンドケーキ、黒豆グラッセ等のスイーツ、京野菜のジャム等の製造・販売を行っている。
  • 屋 号:京都 紀翔
  • 代 表:小林清治
  • 所在地:京都府宇治市広野町小根尾19-14
  • TEL:0774-24-7445
  • URL:http://www.kyoto-kisho.com/
2017年11月22日(水)

暦と旬で見る食カレンダー

180日後

2018年5月21日(月)

ページトップ