家康公の洋時計の仕入れなら|バイヤーズ・ガイド

商品情報

家康公の洋時計

八丁味噌と煎茶の味が特徴のバウムクーヘン


業販

画像をクリックしてイメージを拡大表示

※登録画像によって拡大されない場合もあります

1611年、スペイン国王フェリペ3世から徳川家康公に贈られた、日本に現存する最古の機械式時計「洋時計」をパッケージに取り入れた、徳川家康公顕彰400年記念のバウムクーヘンです。本山茶と八丁味噌を使用し、お茶の香りの爽やかな煎茶生地と八丁味噌を練り込んだコクのある生地の2種類の風味を同時に楽しむことができます。男女年代問わず幅広くすすめられる逸品です。

さらに詳しい情報の閲覧は会員様のみ可能となっております。

閲覧会員登録(無料)をする

2018年01月22日(月)

暦と旬で見る食カレンダー

180日後

2018年7月21日(土)

ページトップ