ちゅるりん麺の仕入れなら|バイヤーズ・ガイド

商品情報

ちゅるりん麺

静岡が恋するのどごし


小売と業販

画像をクリックしてイメージを拡大表示

※登録画像によって拡大されない場合もあります

鎌倉時代、静岡市出身の聖一国師は麺文化を日本に伝え、また、静岡に茶をもたらしました。その後、京都の禅寺で発祥したと言われる蕎麦切を今川義元公が茶道とともに駿府の茶懐石に取り入れ、そのしばらくの後、徳川家康公が駿府蕎麦を江戸に伝え、そこから江戸蕎麦として全国に広がったとされます。また、静岡茶発祥の地であり、家康公への献上茶で名高い、静岡市足久保地区の長島などには、当時から変わらない貴重な在来茶が今でも残っており、こういった連綿と伝わる静岡の麺と茶の文化が結びつき、具現化したのが、「ちゅるりん麺」なのです。

さらに詳しい情報の閲覧は会員様のみ可能となっております。

閲覧会員登録(無料)をする

2018年01月18日(木)

暦と旬で見る食カレンダー

180日後

2018年7月17日(火)

ページトップ