鎚起銅器冷酒盃の仕入れなら|バイヤーズ・ガイド

商品情報

鎚起銅器冷酒盃

江戸時代から伝わる燕市の伝統工芸品


小売と業販

画像をクリックしてイメージを拡大表示

※登録画像によって拡大されない場合もあります

この盃は鎚起銅器(ついきどうき)という伝統工芸の技法で作られています。鎚起とは1枚の金属素材を木槌とあて金を使って打ち延べ、打ち縮めて製品を作る鍛金技術のひとつで、職人が一つひとつ手仕事で仕上げています。銅板を叩いて仕上げた外側は鎚目がきれいに揃い、独特の雰囲気があります。内面にはお酒と相性が良いとされる錫を手曳きで施しています。

さらに詳しい情報の閲覧は会員様のみ可能となっております。

閲覧会員登録(無料)をする

2018年08月15日(水)

暦と旬で見る食カレンダー

180日後

2019年2月11日(月)

ページトップ