十六味保命酒の仕入れなら|バイヤーズ・ガイド

商品情報

十六味保命酒

今に伝わる、日本古来の薬味酒


小売と業販

画像をクリックしてイメージを拡大表示

※登録画像によって拡大されない場合もあります

瀬戸内海のちょうど真ん中にある鞆の浦、その地で保命酒が生まれました。保命酒は清酒などと違って、もち米に麹を加えそれに焼酎を加えて、さらに薬味(16種類)を漬け込みその風味などの成分を損なわないように時間をかけてゆっくりと抽出したもので、非常に濃厚な甘みと香りが特徴の薬味酒です。1回の飲用は約20~30ml程度、1日に数回オンザロック・水割り・炭酸割り・ウーロン茶割りなどでご愛飲ください。

さらに詳しい情報の閲覧は会員様のみ可能となっております。

閲覧会員登録(無料)をする

2018年11月21日(水)

暦と旬で見る食カレンダー

180日後

2019年5月20日(月)

ページトップ