宮城特産品特集2017|バイヤーズ・ガイド

特集

宮城特集

豊かな自然と真摯なものづくりが育む
食材王国みやぎ

宮城県の肥沃な大地と豊かな森が育む農作物や畜産物、世界有数の三陸沖漁場から水揚げされる新鮮な魚介類、それら豊富な食材を生かし真摯な姿勢でつくられた多様な加工品など、宮城が誇る食品・食材188商品を前回から大幅リニューアルしてご紹介します。

 東日本大震災から6 年半あまりが経過しました。震災からの復旧・復興にあたりましては、これまで多くの皆様から心温まるご支援を賜り、心より感謝申し上げます。

 お陰さまで、農地や漁港、生産施設などの復旧が進み、農林水産物や加工品の生産量は回復してきました。一方、被害が甚大だった沿岸部の生産・製造者の多くは、震災によって販路が縮小・喪失し、1日も早い販路の回復・拡大のため、真摯にものづくりに励み、日々懸命な努力を積み重ねております。

 宮城県は、海・山・大地の育む多彩で豊富な食材やそれらを原材料とした加工品が豊富で、「食」といえば「みやぎ」とイメージしてもらえるよう「食材王国みやぎ」の確立を目指しています。

 県では、安全・安心な食料供給の推進や食関連情報ネットワークの整備、食材PRイベントの開催など、民官一体となって取り組んでいるところです。

 今年に入り、宮城県産養殖ギンザケ「みやぎサーモン」の地理的表示(GI)登録や第11回全国和牛能力共進会において宮城県が日本一(種牛の部第2区)を獲得するなど、近年宮城の食材がますます注目されています。

 今年は伊達政宗公生誕450年の節目の年でもあり、食通として知られる政宗公が育んだ宮城の食文化を土壌につくられる商品は、バイヤーの皆様にもご満足いただけるものと確信しております。

 本冊子に掲載されている商品に基づいた商談会も開催いたしますので、バイヤーの皆様には、より多くの宮城県産品をお取り扱いいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

2017年11月22日(水)

暦と旬で見る食カレンダー

180日後

2018年5月21日(月)

ページトップ