お問い合わせ・商談管理 売り手会員向け|バイヤーズ・ガイド

ヘルプ

商談管理について

商談管理とは、買い手会員からのお問い合わせやメールのやり取りなど、商談の進歩管理に使用する機能です。
買い手会員からのメール確認や、自ら送信したメールを参照したい場合は、ここから確認してください。

受信箱
買い手会員から受信したメールが一覧表示されます。
送信箱
買い手会員に送信したメールが一覧表示されます。
下書き
作成途中のメールを一時保存することができ、保存されたメールは一覧表示されます。再編集して買い手会員に送信することができます。

※メールは、買い手会員と最後の送受信から1年後に自動的に削除されます。バックアップをとりたい場合は、テキストエディタなどにコピー&ペーストして保管してください。

複数の商談管理

商談管理の「受信箱」「送信箱」は、買い手会員名で絞り込み、送受信日でソートし一覧表示することができます。複数の商談を同時に行っている時に便利な機能です。

重要なお知らせ

バイヤーズ・ガイドを通じて提供される「会員情報」「取引情報」は、その第三者の責任で提供されるものであり、個別の情報につきましては、バイヤーズ・ガイドが保証するものではありません。
お取引にあたっては、取引の内容・条件について、会員間にて十分に確認していただくことが大切です。

商談上のトラブルにご注意ください

最近、展示会や商談会などビジネス・マッチングの場において、取り込み詐欺等の商談上のトラブルが増えています。その手口や対応策についてご案内しますので、ご注意ください。
なお弊社サービスにおきまして不審な買い手会員がおりましたら、お手数ですが情報審査室までお知らせください。調査・確認後、不審者に該当する場合は会員登録を抹消いたします。

取り込み詐欺の手口
  • 大手企業やその関連会社の名前をかたる、または安心するような企業名を使って取引を持ちかける。
  • 商社や卸問屋を装って「有名百貨店や大手スーパーが御社の商品を欲しがっています」というが、小売店名をたずねても明かさない。
  • きちんとした自社サイトがない。または、きちんとしたサイトに見せかけて、実は実体や中身のないホームページを公開している。
  • 「このチャンスを逃してはいけない」「商品を至急送ってください」など、急ぎの対応を強要する。
  • 初回取引は代引きに応じますが、2回目以降に大きな取引を持ちかけて代金を支払わない。
  • 休眠会社などを使って信用のある会社を装い、過去の経歴を元に取引するとまったく別の会社だった。

対応策
  • 電話で問い合わせを受けた際、事業内容・販売目的・販売方法等についてしっかり確認する。
  • 会社案内の入手、ウェブサイトを確認する。※詐欺会社の会社案内はほぼ同じ形式です。
  • 相手の社名をインターネットで検索して、評判などを調べる。
  • 実際に相手の事務所を訪れて確認する。※遠隔地の場合は、Googleマップやストリートビューを使って使って確認する。
  • 相手が不審な場合、サンプルさえも送らないようにしてください。


取引を持ちかけられた相手に不審な点がある場合には、
『バイヤーズ・ガイド HOTライン』までご相談下さい。


株式会社バイヤーズ・ガイド情報審査室
hotline@buyersguide.jp

2021年01月23日(土)

暦と旬で見る食カレンダー

180日後

2021年7月22日(木)

ページトップ