茨城特産品特集|バイヤーズ・ガイド

特集

茨城特集

温暖な気候と広大な大地、そして長い海岸線が
「うまいもんどころ」茨城の豊かな食材を産み出す

多くの農林水産物で
全国屈指の生産量を誇る

 茨城県は太平洋に面しているため気候は温暖。県土の大半を平地が占めていることから農地が多く、また長い海岸線や霞ヶ浦・北浦があるため、海水・淡水両方の恵みを楽しむことができます。このように豊かな自然を活かした農林水産業がとても盛んな県です。

 農産物では、季節に応じて様々な品種が栽培されているメロン、霞ヶ浦周辺のレンコン、県西地域の白菜、鹿行地域のピーマンなどは全国一の生産量を誇ります。また、幸水や豊水といった梨、ホクホクとした食感が特徴のベニアズマを中心とした“かんしょ(さつまいも)”なども全国トップクラスの生産量であり、茨城県は全国屈指の農業県です。

 また畜産では、茨城県の指定生産者によって飼育される『常陸牛』はA5〜B4 等級に格付けされた黒毛和牛の高級ブランドで、上質な“霜降り”肉を味わうことができます。そして、茨城が生んだ安全でおいしい豚肉『ローズポーク』は、長年かけて育種造成した系統豚を利用した銘柄豚。さらに、茨城県北部・奥久慈の大自然の中で一般的な鶏肉と比べて約3 倍もの期間をかけ大事に飼育されている『奥久慈しゃも』は、全国でもトップクラスの地鶏ブランドとして、高い評価を得ています。

 そして、県の魚であるヒラメ、冬の味覚を代表するアンコウ、食べごたえ十分な『鹿島灘はまぐり』など親潮と黒潮が交わる茨城は、水産物も豊富です。霞ヶ浦・北浦産のワカサギは全国第2 位の漁獲量を誇り、主に佃煮や煮干し等に加工され名産品として親しまれています。また、久慈川や那珂川といった清流のアユ、涸沼のシジミも、その品質の高さで知られています。

納豆・そば・干いも・あんこう鍋など、
地元の食材を使った加工品も魅力

 茨城県の加工品では、何と言っても納豆が有名。茨城県は納豆の生産量が全国一で、水戸市が明治以来の産地として知られています。

 また、県北地域を中心に地元で栽培されている『常陸秋そば』を使った手打ちそばが有名です。『常陸秋そば』は香り・味わいに優れ、全国の有名そば職人から高い評価を得ています。そして、地元のかんしょを蒸した後に乾燥させた“干しいも”は、なんと9割以上が茨城県内で生産されています。

 そして忘れてはいけないのが“あんこう鍋”。北茨城市はあんこう鍋の名産地として知られ、あん肝を溶かした味噌味のだしに、あんこうの「七つ道具」(骨を除く、あんこうの可食部の総称)や野菜を入れて食べます。また、あんこうと野菜の水分だけでつくる「どぶ汁」は、あんこう鍋よりも野趣溢れる濃厚な風味が魅力です。

2022年12月02日(金)

暦と旬で見る食カレンダー

180日後

2023年5月31日(水)

ページトップ