朝ごはん、はじめました。|バイヤーズ・ガイド

連載記事

朝ごはん、はじめました。

実は今日から、朝ごはん、始めました…
何を隠そう、このワタクシ、NO朝ごはん派。

えぇ、わかってるんです、わかってるんですよ、朝ごはんがいかに重要なものか。
出張先のホテルで。盆と正月に帰る実家で。気を使って早起きし、その朝ごはん作りを手伝うダンナの実家で。随所随所で、その重要性だけはなく、おいしさだって実感してきた、朝ごはん。でもできなかった、食事より睡眠を選んだ大学時代から、昨日まで。(おまけにダンナも同類だったために、ここまできてしまった…)

しかし、歳も歳。おそらく人生で1回目の、身体の衰えを如実に感じ始めた30歳。そろそろ身体に気を使おう、ということで、冒頭の「朝ごはん、始めました」へと至ったわけです。

ちゃんとしている皆様には耳タコかもしれませんが、ここでひとつ、私の三日坊主防止のために、朝ごはんの役割について振り返っておきたいと思います。

まずは、身体と脳を起こすこと。これにはブドウ糖が活躍するそう。つまり、ごはんやパンなどの炭水化物が必要ということです。

それから、生体リズム、いわゆる体内時計を整えること。毎日決まった時間に朝ごはんを食べましょう、ということのようです。

この2つから派生して、真偽のほどはわかりませんが、「朝ごはんを食べないと太りやすくなる」とか「朝ごはんは生活習慣病予防になる」とかも聞きますよね。

ちなみにお恥ずかしながら、第1日目の朝ごはんはこちら(おかずは2名分)。

いやいやどう見ても頑張りすぎでしょ!これじゃ続かないでしょ!と自分を否定しつつも、、、おいしゅうございました。良い朝でした。
果たして朝ごはんの効果はどう出るのか、いやその前に私が朝ごはんを続けられるのか…静かにお見守りください。(がたこ)


新しい記事へ

古い記事へ

2022年12月02日(金)

暦と旬で見る食カレンダー

180日後

2023年5月31日(水)

ページトップ