「宮城県の水産品を味わう試食会」|バイヤーズ・ガイド

連載記事

「宮城県の水産品を味わう試食会」

先週の23日、流通小売や関係者の方々を対象に「宮城県の水産品を味わう大試食会」が行われました!
企画の目的はズバリ「交流」と「きっかけ作り」
当日の雰囲気をお伝えします!

気仙沼や石巻、塩釜など日本屈指の漁港を擁する宮城県。
現在、県内の水産加工事業者や商品の情報が詳しく掲載されている「サカナップみやぎ」水産加工データベースを絶賛展開中で、掲載事業者を対象とした商談会なども行っています。
今回の試食会は県内から9社 3団体のご協力を頂き、宮城県主催の下、バイヤーズ・ガイドで運営事務局を務めさせて頂きました。

会場は神田にある「全国うまいものサロン なみへい
今、地域の発信地として人気の居酒屋です。

まずは主催のご挨拶から。
現在の復興状況や、品質管理についてなど踏み込んだ内容をご紹介です。

続いて宮城からお越し頂いた事業者によるPRタイム。
ビュッフェで提供させて頂いた商品、お料理はどれも自慢の20品以上!
みなさん箸が進みます!「かじきの燻製」のカルパッチョ、さめのナゲット「シャークナゲット」!美味です!!

おさしみぎばさ(あかもく)に、三陸産の薫香さんま、薫香さば、そしてしめさばの棒寿司。女川産さんまの黒酢煮と天日寒風干し、ほっぺたが落ちます。

もちろん笹かまも。今回はオリジナルな笹かまと大豆の入ったお豆腐かまぼこ。一口に笹かまといってもメーカーによって風味も食感もかなり違います。

旬の女川産サンマを使った煮つけや牡蠣の炊き込みご飯も!

海の幸には陸の幸。宮城の地酒と本場本物「仙台味噌」、そして「ひとめぼれ」の新米も特別にご協賛いただき、宮城を味わって頂きました。

スタッフも含めると40人近い方々にご参加頂き、商談会や展示会ではなかなか得られない温度感のある出会いや情報を、この試食会で得て頂けたのではと思います!

商品や、会についてのお問合せはお気軽にバイヤーズ・ガイドまで

(ぐちお)


新しい記事へ

古い記事へ

2022年12月02日(金)

暦と旬で見る食カレンダー

180日後

2023年5月31日(水)

ページトップ